運営会社情報

社名 有限会社 セルフセキュリティ
代表 松下紀子
資本金 300万円
創立 2001年3月21日
本社 神奈川県横浜市金沢区釜利谷南4-28 D104
TEL / FAX 045-349-3341
E-mail info@pajamaru.com
業務内容 1. セキュリティに関する製品・システムの開発、製造、販売
2. 衣料品の開発、製造、販売

沿革

2000年3月~2001年8月

松下紀子は、日常生活上の安全・安心の確認行為を支援する装置・システムについて6件の特許出願、3件の商標登録出願を行なった。なお、「セルフセキュリティ」とは、自分の生命と財産は自分自身で守ることを意味する当社の造語である。

2001年3月21日

松下紀子の名義で行った特許出願並びに商標登録出願の管理並びに活用のために、有限会社セルフセキュリティを設立した。

2001年6月8日

「LUCKEY CHEKEY」の商標権(商標登録第4480564号 第14類)を取得した。

2001年9月12日 

日常生活上の安全・安心の確認を支援する装置・システムに関する知的財産権(全ての特許出願と商標登録出願)を松下紀子から譲り受けた。

2001年10月1日

有限会社ラッキー・チェッキーに、日常生活上の安全・安心の確認を支援する装置・システムに関する知的財産権の実施を許諾する契約を締結した。

2001年10月18日 

「LUCKEY CHEKEY」の商標権(商標登録第4613739号 第20類)を取得した。

2001年10月~2007年12月

日常生活上の安全・安心の確認を支援する装置・システムについて20件の特許出願、1件の意匠登録出願、2件の商標登録出願を行なった。

2002年3月~2003年9月

有限会社ラッキー・チェッキーは施錠確認支援装置を「楽キーケース」の商品名で、服薬確認支援装置を「電子薬箱」の商品名で製造販売した。

2002年5月17日 

服薬確認支援装置の基本発明の特許権(特許第3308972号)を取得した。

2002年5月31日

施錠確認支援装置の基本発明の特許権(特許第3312900号)を取得した。

2003年2月21日 

キーホルダーについて意匠権(意匠登録第1170565号)を取得した。

2004年2月20日 

「楽キーケース」の商標権(商標登録第4750112号 第14類)を取得した。

2004年9月1日 

松下紀子は、社団法人全国発明婦人協会に入会した。

2005年4月14日から18日

松下紀子は、第45回暮らしの発明展(社団法人全国発明婦人協会主催、東急本店)に携帯型服薬管理装置「ホットスルポーチ」を出展し、特許庁長官奨励賞を受賞した。

2007年11月~現在 

睡眠改善ウエアについて6件の特許出願、1件の実用新案登録出願、2件の意匠登録出願、1件の商標登録出願を行なった。この中の1件は米国特許出願である。

2008年5月2日 

「ぱじゃまる」の商標権(商標登録第5133598号 第25類)を取得した。

2008年9月10日 

睡眠改善ウエアについて実用新案権(実用新案登録第3145210号)を取得した。

2008年9月19日 

睡眠改善ウエアの基本発明の特許権(特許第4187784号)を取得した。

2009年3月19日 

睡眠改善ウエアについて意匠権(意匠登録第1356551号)を取得した。

2009年3月19日 

睡眠改善ウエアについて意匠権(意匠登録第1357066号)を取得した。

2009年4月24日 

施錠確認支援装置の改良発明の特許権(特許第4297724号)を取得した。

2009年12月1日

睡眠改善ウエア「パジャマル」のテストマーケティングを開始した。

2010年4月1日

松下紀子は、一般社団法人日本睡眠改善協議会(理事長 広島大学名誉教授 堀 忠雄氏)から「睡眠改善インストラクター」の認定を受けた。

2010年5月29日

松下紀子は、第1回睡眠環境講演会(主催:特定非営利活動法人日本睡眠環境研究機構主催、会場:横浜国立大学)で「快適に眠れるパジャマの開発」と題する講演を行なった。

2010年9月1日

松下紀子は、特定非営利活動法人日本睡眠環境研究機構(理事長 近畿大学准教授 梶井宏修氏)から「睡眠環境診断士」の認定を受けた。

おすすめコンテンツ

お問い合わせはこちらへ

メールはこちらから